忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:41 】 |
イ・サン ノーカット・字幕版
イ・サン ノーカット・字幕版
第63回 「世継ぎの擁立」
イ・サン エピソード画像

(あらすじ)

ソンヨンは晴れてサンの側室になる。

新たな地位に少しばかり戸惑いながらも、宮中のしきたりを順調に学んでい た。

だがその一方で、ソンヨンを側室として認めようとしない恵慶宮(ヘギョングン)には毎日のあいさつさえ拒まれていた。

しかしソンヨンは、サンや孝懿 (ヒョイ)王妃に心配をかけまいと、そのことを内緒にしていた。


一方、サンは市場の自由化に動く。世孫(セソン)の時代に果たせなかった、専売商人の特権の撤廃だ。

 

=================

第64回 「権力の光と影」


イ・サン エピソード画像

(あらすじ)

会議の席でチェ・ソクチュが亡き元嬪(ウォンビン)の養子、完豊君(ワンプングン)の世子冊立を進言し、老論(ノロン)派の重臣たちが賛同する。

思いもよらぬ提言にサンは驚き、元嬪の兄であるホン・グギョンが関与しているのではないかと一抹の疑念を抱く。
 

そのころ孝懿(ヒョイ)王妃は、完豊君が伯父のホン・グギョンから王の世継ぎとしての教育を受けていると言っていたことを思い出し、不安を募らせていた。

 

拍手

PR
【2011/01/28 09:11 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<冬のサクラ | ホーム | 悪党~重犯罪捜査班>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>