忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/18 21:39 】 |
フェイク~京都美術事件絵巻
フェイク~京都美術事件絵巻
「尾形乾山誘拐事件」


(あらすじ)

大学のゼミの最中、右(財前直見)は亜子(南野陽子)の呼び出しを受ける。



↑ 財前直見

身代金1千万円の誘拐事件が起きたが、さらわれたのは人間ではなく尾形乾山の 「四方水指」という焼き物だった。

持ち主である呉服店の主人、妙子(床嶋佳子)のもとには、奪われた四方水指の写真と謎めいた暗号のような手紙が届く。

右 はその暗号から犯人の指示を解読。

亜子は"身代金"を持った妙子をガードする。

そんな中、右は妙子の娘、エミ(柳生みゆ)から四方水指は亡き父、光太郎 (小木茂光)が所有していたものだと聞かされる。

光太郎は入り婿で、骨董(こっとう)に金をつぎ込んで店を傾かせたため、エミの祖父に離婚させられた。

そ して、10年前の火災で死亡していた。

光太郎が収集したものは祖父がほとんど処分し、形見として残ったのが奪われた四方水指だった。


拍手

PR
【2011/01/25 09:29 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<美しい隣人 | ホーム | コントロール~犯罪心理捜査>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>