忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/14 18:31 】 |
フェイク~京都美術事件絵巻

フェイク~京都美術事件絵巻
「能面の告白」


(あらすじ)

能楽の公演会場で、右(財前直見)が殺人容疑で逮捕された。



↑ 財前直見


被害者は、能楽・岩瀬流のシテ、健吾(宮川一朗太)。

右は健吾の楽屋で、凶器のナイフを持って 死体のそばに立ちすくんでいるところを、見習の金子(中村大輝)に目撃された。

京都府警三条署に連行された右は、亜子(南野陽子)たちの取り調べを受ける。

右は今回、健吾が演じた「隅田川」の公演で、岩瀬家に代々伝わる江戸期の能面を見られることを楽しみにしていたが、舞台で使われた能面に違和感を覚えたので楽屋を訪ねたと主張。

だが信じてもらえない。

健吾は女性ファンが多く、右が公演前の楽屋で撮った写真にも健吾ばかりが写っていた。

犯行動機は、ス トーカー行為の末の感情のもつれとされてしまう。

そんな中、右の言葉を信じた亜子は健吾の父親である岩瀬流宗家の健作(楠年明)を訪ねる。


拍手

PR
【2011/02/01 16:08 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<ホンボシ~心理特捜事件簿~ | ホーム | コントロール~犯罪心理捜査>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>