忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:51 】 |
土曜ワイド劇場 京都南署鑑識ファイル

土曜ワイド劇場 京都南署鑑識ファイル
「華道家元連続殺人!!美女は青いバラの浴槽に浮かぶ!?月下美人の花粉が語る死体移動の謎…」


女性鑑識官が、華道家元の継承争いが絡んだ連続殺人事件の謎に挑む。シリーズ第6弾。
福島治子脚本、伊藤寿浩監督。

(あらすじ)

京都で300年の歴史を誇る華道、一条 流の理事長、静子(赤座美代子)のめいの薫(八木小緒里)が花展開催中のホテルの浴槽で変死した。

現場に急行した鑑識官のりつ子(田中美里)は遺体の傷の状態から他殺とにらむ。



↑ 田中美里

浴槽にはなぜか青いバラが一面に浮かべられていた。

一条流の家元は3カ月前に急死。

この花展の作品の出来により、薫、家元の妻の貴和子(池上季実子)、一条流出身の生花デザイナーである理恵(伊藤裕子)の3人から次の家元が選ばれる予定だった。

刑事課主任の大山(東幹久)は薫が敵視 していた貴和子を疑う。

拍手

PR
【2011/08/13 09:08 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<イ・サン | ホーム | ジウ~警視庁特殊犯捜査係>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>