忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:41 】 |
相棒

相棒~2時間SP!
「贖罪」


警視庁特命係のコンビが難事件に挑むシリーズの第10弾。
輿水泰弘脚本、和泉聖治監督。

(あらすじ)

15年前に女性を殺したとして服役し、刑を終えて出所したばかりの 城戸(池内万作)が投身自殺した。

彼の遺書には自分が無実であるという訴えと、尊(及川光博)を絶対に許さないとの言葉があった。



↑ 及川光博

尊は自ら事件を検証し直す覚悟を決め、右京(水谷豊)と共に事件の再捜査に乗り出す。

被害者は尊の知人だった瑛子(長沢奈央)。

瑛子にしつこく付きまとっていた城戸は瑛子を殺した容疑者として警察に追われ、逃亡。

助けを求めた尊に犯行を否認したが、張り込んでいた刑事たちに連行された。

当時の捜査関係者を調べ始めた右京と尊は、 刑事や検事ら4人が全員、事件の翌年に転職していたことに気付く。

右京たちは当時の左陪審だった菜々美(戸田菜穂)の協力を得ながら、真犯人をあぶり出す。

拍手

PR
【2011/10/19 09:21 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<家政婦のミタ | ホーム | ラストマネー・愛の値段>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>