忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 22:09 】 |
ぱじ~ジイジと孫娘の愛情物語
ヒューマンドラマSP“ぱじ~ジイジと孫娘の愛情物語”


「ぱじはパパ代わりのおじいちゃん!天国のママから誕生日ごとのプレゼント!?泣き笑い平凡な日々こそ宝物」

両親を亡くした孫娘と一緒に暮らすことになった祖父との絆を描く。
村上たかし原作、末安正子脚本、阿部雄一監督。

(あらすじ)

25歳になったもも(井上真央)は結婚式の日、祖父の茂吉(伊東四朗)のことを思い出していた。



茂吉(伊東四朗)


20年前、5歳だったもも(小林星蘭) は両親を亡くし、茂吉に引き取られた。

ももは茂吉をパパ代わりのおじいちゃんだからと、ぱじと呼ぶ。

茂吉は突然の子育てに戸惑いながらも充実した日々を送る。

そんな二人を近所のハル(吉行和子)や伊達(伊武雅刀)、茂吉の勤め先の社長の山神(三宅裕司)らが温かく支える。


ももは茂吉と共に寂しさを乗り越え ながら、日々成長していく。


一方で茂吉は時々、胸の痛みに襲われるようになる。そんな中、茂吉は勤め先をなくした上、心筋梗塞の発作を起こす。



拍手

PR
【2013/03/27 12:00 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
ラストホープ 最終回


華嵐!!SP企画第1弾イノッチ&相葉雅紀の今夜奇跡を起こすぞ!!

ラストホープ 最終回


「大丈夫、必ずあなたを助ける…宿命を背負う医者の最後の選択」





(あらすじ)

波多野卓巳(相葉雅紀)
たちは、町田恭一郎(中原丈雄)への肺提供の意志を2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)から得た。




そして、生体肺移植の準備を進めるのだが、当の恭一郎に息子たちからの肺提供を拒否されてしまう。

そんな時、鳴瀬哲司(髙嶋政宏)が卓巳と橘歩美(多部未華子)の前で突然倒れてしまった。

意識を失う寸前、鳴瀬は生体肺移植を成功させて欲しいと卓巳たちに託す。

脳腫瘍の腫瘍内出血だった鳴瀬は卓巳によって直ちに処置されるのだが、重篤な状態に陥ってしまった。


恭一郎の拒否により手術を行う事も出来ず、高度先端医療センターの責任者、鳴瀬の不在。

石原隆一病院長(大石吾朗)たち病院幹部は恭一郎を転院させることを考え始めた。


卓巳と歩美は、真一、恵介とともに恭一郎の病室へ。

2人の息子は生きて欲しいと、恭一郎に手術することを訴える。だが、恭一郎は応じようと しない。

すると、卓巳が突然、家族の説得に口を挟む。いつになく、熱い口調で真一たちの覚悟を語る卓巳。

その思いは、自らの重い宿命にも重なっていた…。

果たして、恭一郎の生体肺手術は行われるのか? 鳴瀬は? そして、卓巳が背負っている宿命とは? 

全ての謎が明らかに! 『ラストホープ』ついに完結




拍手

【2013/03/26 10:13 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
夜行観覧車(最終回)

夜行観覧車(最終回)


「犯人が語る事件の動機…家族の未来」



2013年、事件九日後。


ひばりケ丘に報道陣を集めた良幸(安田章大)は比奈子(宮崎香蓮)を引き連れ、事件について、そして高橋家の人には言えない秘密について語り始める。


児童養護施設で保護されている慎司(中川大志)はテレビの中の良幸にやめろと叫ぶ。


結城(高橋克典)に保護された良幸と比 奈子は慎司と再会するが、会うなり慎司は良幸につかみ掛かる。


そして慎司は今まで黙っていた事件の真相を語りだす。



一方、リビングで真弓(鈴木京香)らと 良幸の会見を扱ったニュースを見ていた啓介(宮迫博之)の携帯電話の着信ランプが点滅する。

啓介がこっそり玄関から出ると、通りに結城が立っていた。



事件 10日後。ひばりケ丘で掃除をしている婦人部会の面々の中に、さと子(夏木マリ)の姿がないことが気になった真弓は、さと子の家を訪れる。




拍手

【2013/03/22 14:34 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
あぽやん(最終回)

あぽやん~走る国際空港
(最終回)

「空港が僕を見送る日」



(あらすじ)

馬場(貫地谷しほり)が退職したショックで沈み込んだままのセンダーたちの様子を見た遠藤(伊藤淳史)は、みんなを叱咤(しった)する。



遠藤(伊藤淳史)


そんな中、遠藤は今泉(柳葉敏郎)から衝撃の報告を受ける。

遠藤に本社への異動辞令が出るというのだ。翌日、遠藤から報告を受けたセンダーたちは驚きを隠せない。

戻らないでほしいという彼らに返す言葉がない遠藤。

しかし森尾(桐谷美玲)だけは遠藤の異動に賛成する。

応援するという彼女の 言葉に、いつもの厳しさはなかった。そしてやって来た遠藤の成田勤務最終日。


この日はある海外ドラマファン向けのツアーに100人もの旅客が集まってい た。

旅客たちの楽しげな空気を感じ、うれしさをかみしめる遠藤。

センダーたちも遠藤の成田最後の仕事を前に張り切る。


だがそこへ、このツアーの添乗員を務めるという須永(青柳翔)が現れる。




拍手

【2013/03/21 11:55 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
ラストホープ
ラストホープ

「息子の決断…医者には決められない最先端肺移植…父を救うのか、見捨てるのか?」



(あらすじ)

高度先端医療センターの波多野卓巳(相葉雅紀)たちの手から離されて、手術を受けた町田恭一郎(中原丈雄)。

だが、術後の感染症で間質性肺炎とARDS(急性呼吸急迫症候群)という重篤な肺疾患を患ってしまい、再び卓巳たちのもとへと戻された。

卓巳たちは、恭一郎の治療法をカンファレンスする。

そして、生体肺移植だけしか治療の手段がないという結論に至った。

生体肺移植は患者の近親者からの臓器 提供が望ましい。


卓巳は恭一郎の2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)に状況を説明して臓器提供の意志を確認。

すると、恵介は二つ返事で同意する が、真一には拒否されてしまった。恭一郎には両肺を移植しなくてはならない。

一人の提供者から両肺を移植するわけにはいかないので、真一の同意がなければ手術は行えない。だが、医師が移植を勧める事は出来ないため、卓巳は再び真一のもとへ向かう。




その卓巳は、自らの出生の秘密を探るうちに行き当たった斉藤健(高橋一生)の主治医となった。

橘歩美(多部未華子)は行方不明となっている父親の居場所に近づこうとしている。


高木淳二(田辺誠一)荻原雪代(小池栄子)たちも、それぞれの過去や直面する医療問題の答えを得ようとしていた。




拍手

【2013/03/19 09:30 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ>>