忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:48 】 |
ラストホープ


ラストホープ
「命より視力を取り戻したい…余命2ケ月の写真家が迫る究極の選択」

ラストホープ #06

  ◆篠田の病室を訪れる副島。 


(あらすじ)

波多野卓巳(相葉雅紀)たちの高度先端医療センターに、新たな患者が訪ねて来る。

その患者は、天才写真家の篠田登志雄 (石黒賢)。


篠田は重篤な脳腫瘍を患っていて、すでに複数の病院で治療を断念されている。

脳外科を専門とする橘歩美(多部未華子)は、篠田と同じ症状の患者を担当したことがあるのだが、助かった患者はいなかった。


卓巳と歩美で、篠田を診察室に迎え入れた。

診察を始めた途端、卓巳は篠田の目の異常に 気づく。篠田は、右目はすでに失明し、左目もほぼ見えなくなっていると言う。

また、目の治療の最中に脳腫瘍が見つかり、余命2カ月を宣告されたと卓巳たちに伝えた。余命宣告からすでにひと月が経過。

脳腫瘍を治せるのかと問う篠田に、歩美は完治が厳しいと正直に答える。

それでも余命を延ばす事は出来ると補足する卓巳。

すると篠田も素直に納得した。だが、篠田は命よりも、目の治療を優先して欲しいと2人に依頼する。助からないのなら、もう一度写真家に戻って目の前の風景を切り取り、写真家として最期を迎えたいと…。


篠田の治療についてのカンファレンスが始まる。

脳の治療を優先して延命すべきか、篠田の希望通り目の治療をするべきか。

歩美は脳の手術優先を訴えるが卓巳は疑問を持つ。

いつも通りけんけんごうごうの議論の中、副島雅臣(北村有起哉)が篠田の 視力を回復させる手段を提案した。


拍手

PR
【2013/02/19 12:32 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<アカデミー賞受賞映画 | ホーム | ハンチョウ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>