忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:48 】 |
相棒
相棒
「最後のアトリエ」


(あらすじ)

イベント運営会社の三木(貴山侑哉)の遺体がオフィスで発見される。

米沢(六角精児)から報告を受けた右京(水谷豊)は現場に落ちていた新刊案内に目を留 め、案内が挟まれていた本が早世の天才画家、有吉比登治の生涯を描いた本ではないかと考える。

三木の会社は有吉の回顧展を請け負っていた。

三木のオフィスを訪ねた右京と尊(及川光博)は事件現場の状況から、新刊案内は犯人が持ち込んだ本から落ちたのではないかと推理する。

 及川光博  

そのオフィスで二人は、有吉の友人 だった榊(米倉斉加年)に出会う。

有吉の本は彼が榊にあてた手紙を基に書かれた物だった。

有吉と美大の同窓生だった榊は画塾の講師だと名乗り、若くして高 い評価を得ていた有吉とは対照的な人生を歩んでいるらしい。

右京と尊が榊の自宅を訪ねると、榊は有吉のことはあまり覚えていないと話す。

拍手


PR
【2010/11/10 09:03 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<京都地検の女 | ホーム | 黄金の豚-会計検査庁・特別調査課->>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>