忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:39 】 |
メイドインジャパン
 メイドインジャパン(最終回)



「かつての友は敵に男達の誇りをかけて運命の最終回~倒産の危機は?訴訟の行方は?日本の未来に希望は」

(あらすじ)

会長の譲原(岸部一徳)の策略により、ライシェを技術盗用に伴う不正競争防止法で訴えることになった矢作(唐沢寿明)。そ れはかつての友、迫田(高橋克実)を2度”切る”行為だった。

再建チーム内では、柿沼(吉岡秀隆)が訴訟では倒産を防げないと判断し、社長の桂一郎(及川 光博)と共に会社更生法の準備を進める。

そんな中、迫田が自らの潔白を立証するため、来日して記者会見を開く決意をする。

対抗して矢作は同じ日に会見をぶつけ、迫田の違法性を暴こうと決意する。



拍手

PR
【2013/02/09 13:48 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<八重の桜 | ホーム | 夜行観覧車>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>