忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/24 23:45 】 |
八重の桜
八重の桜


「会津の決意」



(あらすじ)

勇ましい掛け声の中で、薙刀を振るう女性たち。

八重も男子に負けず劣らずの腕前を披露。

弟・三郎は八重の相手にもならない様子で…。

綾瀬さんの筋のよさに、薙刀指導の先生も絶賛。

綾瀬さんご自身も「迫力あるシーンになった」と太鼓判を押すだけに、薙刀シーンのスピード感たるや目を見張るものがあります。


一方、江戸では勅命を携えた薩摩藩が幕府に将軍の上洛(じょうらく)を迫る。

これを受けて幕府は、京都の治安維持に当たる京都守護職の選任へ、にわかに着手する。

政事総裁職の松平春嶽(村上弘明)は、かねて卓見の持ち主として目を引いていた会津藩主の松平容保(綾野剛)に白羽の矢を立てる。


会津の運命を左右する「京都守護職拝命」。

家臣たちはなんとか阻止しようと、皆必死! 会津を思い、容保に何度も京都守護職の辞退を訴える頼母の言葉からは、このお役目がいかに大変なことか伝わってきます。

名優・西田敏行さんと、容保役を全身全霊で演じている綾野剛さんの演技は、撮影を見守るスタッフも思わず涙したほど。必見!

八重(綾瀬はるか)の幼なじみの大蔵(玉山鉄二)の姉、二葉(市川実日子)が会津藩の有望な家臣である平馬(池内博之)のもとに嫁ぐことが決 まった。



拍手

PR
【2013/02/10 17:28 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<太陽を抱く月 | ホーム | メイドインジャパン>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>