忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/21 01:51 】 |
夜行観覧車(新番組)
夜行観覧車

「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」




殺人事件をきっかけに家族が対峙(たいじ)し、皮肉にも絆を結び直す”家族再生”を描く。
湊かなえ原作、奥寺佐渡子脚本、塚原あゆ子演出。


(あらすじ)

2013年1月。
真弓(鈴木京香)は、向かいに住む淳子(石田ゆり子)の家の前に救急車が止まっていることに気付く。

夫の啓介(宮迫博之)は、ドアののぞき穴に顔を押し付けている。
娘の彩花(杉咲花)は薄暗い荒れた部屋で頭を抱え込むように丸まっている。

夜の住宅街に救急車の無線の声が響き渡る中、錯乱した母の淳子が家から出てくる様子を遠くから慎司(中川大志)が見詰めている。

目には涙がにじんでいた。09年9月。


真弓は高級住宅地「ひばりケ 丘」に引っ越してきた。

家族で一軒家で幸せに暮らすという夢がかなったはずだった。

しかし、現実は理想と違っていた。

向かいの高橋家は病院を経営する医師 の弘幸(田中哲司)、妻の淳子、長男の良幸(安田章大)、長女の比奈子(宮崎香蓮)、次男の慎司が住んでいた。

真弓は早速、引っ越しのあいさつに回るが、 近所の人々は誰も相手にしてくれない。

疑問に思った真弓が淳子に相談をすると、隣家で自治会婦人部の部長を務めるさと子(夏木マリ)へのあいさつを一番にするべきだと注意される。

拍手

PR
【2013/01/18 09:40 】 | 今夜のお勧め | 有り難いご意見(0)
<<「野良犬」 | ホーム | 科捜研の女>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>